« ブラームスはお好き?(2) | トップページ | ブラームスはお好き?(4)ブラ2の思い出 »

2006/01/11

ブラームスはお好き?(3)

私にとってブラームスといえば、まずは中学校の卒業式で卒業証書授与の間BGMとして流れていた交響曲第1番4楽章のAllegro non troppoであり、今でもその部分を聞くと、晴れがましくも切ない早春の日のことを思い出します。

その後、何回かブラームス演奏の機会に恵まれましたが、演奏してみると、彼のゲルマン的正しさに満ちた音楽は、早春というより硬いが滋養に富んだ『天然酵母黒パン』のようであり、日頃そこいらの食パンを食している私なぞ、演奏後は達成感とともに少々「おなかいっぱい」にもなるのでした。

それにしても、木管奏者は本当にブラームスがお好き。美味しいソロ、緻密なアンサンブル、演奏者の心を捉えてやまないその音楽をめぐり、一見穏便、実は… の乗り番争いが発生することもしばしば…(怖っ)。

Fg.M

区民響機関紙「ポコ・ア・ポコ」第32号(2005年12月24日発行)より収録

« ブラームスはお好き?(2) | トップページ | ブラームスはお好き?(4)ブラ2の思い出 »

機関紙「poco a poco」より」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2134060/59771150

この記事へのトラックバック一覧です: ブラームスはお好き?(3):

« ブラームスはお好き?(2) | トップページ | ブラームスはお好き?(4)ブラ2の思い出 »

関連アカウント

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ